B型肝炎の給付金


B型肝炎の問題は今でも注目されています。それはかつて集団感染した方が給付金を請求できるようになったからです。かつてかなり長い期間で注射器が予防接種で使い回されていたという事実があります。これによって、多くの子供達がB型肝炎に感染してしまったのです。母子感染してしまったケースもあるため、被害者はどんどん増えてしまいました。今では注射器の使い回しは当然行われていないのですが、それでも国の責任は重いのです。国がきちんと指導しなかったためにこのような被害が生じてしまいました。

注射器B型肝炎の被害者が集団訴訟をしたことによって、国と和解が成立したのです。そこで国は特別措置法を制定して、B型肝炎に感染してしまった被害者に対して給付金を支給することを決めました。裁判をする必要があるのですが、要件を満たしていればスムーズに手続きは進んでいき、給付金を受け取ることができるのです。こちらは二次感染者や感染者の遺族の方が申請をすることもできます。

こちらではB型肝炎の給付金請求の訴訟について紹介しましょう。裁判をしなければ給付金を受け取れないというのは、面倒だと感じてしまう方がいるかもしれません。多くの方は裁判をしたことがないからです。そのような不安を抱えている方のために役に立つ情報を提供しましょう。どのような制度であり、どんな流れで手続きを進めていけば良いのかを教えます。こちらを参考にして給付金をしっかりと受け取りましょう。