給付金請求の訴訟


B型肝炎の給付金を受け取るためには訴訟しなければいけません。国に訴訟を提起するのです。訴訟と聞いてもそれほど難しいことではありません。B型肝炎については、訴訟をしたとしても国と勝ち負けを争うことにはならないからです。あくまでも給付金を受け取るために形式的に訴訟をする必要があることになっているのです。

裁判所訴訟では国の定めている資料を準備しなければいけません。それを提出して和解の手続きを進めていくのです。国の定めている救済要件を満たしているならば、何の問題もなく手続きが進み、実際に給付金を受け取ることができるでしょう

流れとしては、まず国に給付金を請求するための書面を作成します。そして、資料を収集して、それと訴状を裁判所に提出します。そして、具体的な裁判手続に入るのです。要件を満たしているならば、若い手続きをして、後は給付金を受け取ることができるのです。

B型肝炎の訴訟では資料に基づいて自分が集団予防接種による感染者であることを認定してもらいます。そのことを国に認めてもらうことによって、和解が成立するのです。最初に提訴してから和解が成立するまでにかかる期間は半年以上となっています。そのため、すぐにもらえるわけではないことを覚悟しておきましょう。